クラムへのお問い合わせ
TEL:055-922-2023
FAX:055-922-2079

パイピングテープヌメの使い方

商品革レースページ「パイピングテープヌメ」を使って、本体とマチの間にパイピングを入れます。

(1)
ヌメ革テープ裏にボンドを塗ります。
(画像は初代スーパーボンド。スーパー水性ボンドⅡの場合はヘラで。)
写真のように2枚を隙間なく合わせて塗ると端まできっちり、革表を汚すこともありません。
2本必要なければ1本の両端合わせも途中まで出来ます。
片側が出来たら入れ替えてもう片側を塗り、最後に塗り残しの中央をそれぞれ塗ります。
袋物仕立の場合、通常は0.8mm厚の革テープに専用のポリ芯を入れますが、(袋物仕立ページミシンによるパイピング参照)高級なタンニン革(ヌメ)がすり切れ、ポリ芯が顔を出したら興ざめです。
かといって上のバーキンのように丸牛レースを芯にするのは贅沢過ぎます。
以下1.2mm厚をそのまま利用する方法です。
(2)
2つ折りしたらローラーで力8割の圧着。
(3)
革裁断面から5mm幅を10の力で圧着し、折り山に芯が入っているかのように裏に返して両方から圧着。
(4)
定規を4mm幅で当て彫刻刀(平刀)などで革表面をかき削る。
(ドレッサーより効果的)
接着力を増すため裏面も。
(5)
端より15mmから芯が入っているように15mmを全面10で圧着し、芯のエンドを頂点とする高さ4mmの三角形を切り抜く。
(6)
マチ、本体とも縫代裏を革スキし表は4mm幅でかき削り、パイピング共にボンドを塗り、マチにパイピングを貼る。
三角の2辺をつけおじぎさせ接着。
余分は辺に合わせてカット。
(7)
5mm幅の縫代ラインを菱目で開けていく。
パイピングの端は1目またぐ。
この際に本体を伏せてこの下に合わせ、仮貼りしておくと同じ穴があく。
(8)
裏に敷いていた本体を「(7)」の上に伏せ、穴を合わせて縫い合わせる。
事前に縫代にボンドを4mm幅で。
(9)
縫い終えて表に返し完成。


※コーナーは5mm間隔で3mmの切れ込みを。

ギャラリーシェリダンスタイルページより作品例

パイピングテープを使った芯なしパイピング。
縁のくるみ革は1.0mmに漉いて使用。
タンニン革は硬く、袋にしてから表に返すと折りぐせのしわで台無しになるため、前胴とマチだけ内縫いし、ペコンと返したら後胴とは外縫いが一般的です。
(内袋は0.3mm羊吟革。高級なタンニン革にはやはり裏も革)

「ギャラリー シェリダンスタイル」ページ

ページトップへ
「特定商取引に関する法律」に基づく表示